Unityで作る4択クイズpart3

Part2↓↓

Part3 シーン遷移

2つのをシーンを追加します

result 正解だった場合のシーン

result_false 不正解だった場合のシーン

File →Build Setting → シーンを追加する

シーンの追加が終わったら次にもろもろの設定を行います。

正解シーン

まず正解時に表示する写真などを用意し画面にドロップ。ここでは名前が2111

そして次の問題に行くためのボタンを用意します。

hierarchy内で右クリック→UI→Buttomです。

part1同様の方法で下のスクリプトをボタンにアタッチします。

スクリプトの内容は、ボタンが押されたときにgame画面に遷移するといったものです。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.SceneManagement;


public class Director_result : MonoBehaviour
{
    public void OnClick()
    {
         SceneManager.LoadScene("game");
    }
}

*Build Setting でシーンの追加をしていないとエラーになります。

不正解シーン

基本的に上の正解シーンと同じですが、本当の正解だ何だったのかを表示するために幾つかしなければいけないことがあります。

まずUIからテキストを作成します。(ここでは名前をAnswerに)

そのテキストに以下のスクリプトを貼り付けます。

スクリプトの内容は、前回の問題出題時に保存していた答え選択肢の文章を取得し、textに代入するといったものです。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
//忘れずに
using UnityEngine.UI;

public class Answer_display : MonoBehaviour
{
    private Text UII;
    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {
        UII = GameObject.Find("Button/Answer").GetComponent<Text>();
        UII.text = Question.get();
    }

}

以上の処理を加えることで不正解時に正しい回答を表示させることができます。

しかし、part1で張り付けたゲームには表示されるものと表示されないものがあります。

Buildする際の注意点を(^o^)丿

・フォントの設定

デフォルト(初期設定)のArialではBuildした際日本語に対応していないという問題点があります

↓↓日本語フォント色々まとめているところ↓↓

http://unityleaning.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

・Canvasの設定

UI Scale Modeを

Scale With Screen Sizeにする。写真真ん中

以上です(◎_◎;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です